×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

16歳のらら
それは、夜明けの晩のことだった。

その日、私はいささかやる気が失せていて、部屋も仕舞わないまま

ずるずるとだらしなく、DJたちが送ってよこす音楽を聴いていた。

はじまりと終わりがないラップのリズムに乗る、これまた始まりも終わりもな

く、果てることもない絵文字の会話を眺めながら、潔く布団に入るかこのまま

明日へ繰り込むか決められなかった(脳ミソが固まっていたのだ)

そのとき、入室音が鳴って、それがやってきた。

コンバンワ」

それはつるつるつうべって、私の部屋に入ってくると、そのまましゃがみこんで

床をみている。

名前をきくとららだと答え、年を聞くと16だという。

どこに住んでるか、どうしてきたのかなどと、聞こうとしてやめた。

ダルいことはやめよう。

こんな時間にうろつく理由など聞くほどの価値はない。

ほっといて勝手に喋りだすのなら、それでいい。

嘘や、でっち上げや、垂れ流しでかまわない。

所詮、実体ではないのだから。

もともとネットの中をサーフィンしてる輩は8割がたロクなのでないが、


特にこのいわゆる夜明けの晩の時刻にうろつく輩は ロクなのがない。

なぜ言い切れるかって?

ネットの中は、現実に対応しきれない輩にとても居心地のいい世界だ。

それでもなんとか現実に対応しなければならないと自己に鞭打ち

叱咤激励する者は、他の時間はウロついていても、コノ時間は努力して眠

る。でないと明日の、現実社会という、それぞれのバスにのれなくなるのだ。

コノ時間にウロつく輩は、眠る努力をも放棄してるヤツラか、或いは、それ

すら他者に依存してるんだな。

”ダレカガアタシヲ眠ラセテクレルベキダ” 

眠らせてくれるべきは、理解してくれるべきにも置き換えられるかもな。

「ナニ してるの?」
 
ららが喋った。

うっかりしてた。居たんだった。さて、どのぐらい黙ってたんだろう。

「音楽 聴いてる。」

あわてた私はつい本当のことを言ってしまった。

「CD?」

いや、ラジオみたいなもんなんだ。」

ららはCJ放送なるものを知らなかった。

若干まだうろたえてたのと説明する気力がなかったので、私はららを私が

二窓しているラジオ部屋へ連れて行った。

とうのムカシにラップは終わり、なぜかSTAND By Meなどかかっていたが

絵文字の会話が果てることはない。

それでも連中は気のいいヤツラなので、こころよくららにもアンプを与え、

(ららはアンプも持っていなかった)サーバーにいれてくれた。

「聞こえた♪」 

ららが笑った。

ららと2人、カビ臭いオールディズに身をゆだね、カラフルな絵文字の波

を眺めてた。

私は何も言わなかったが、それはららも同様だった。

音がポチンときれて、DJが交代するという。

ソレが合図となったかのように、バイバイを示す絵文字がざらざらと流れ、

何人かがプツプツと接続を断っていった。

「ららも モウ寝ます」

ららが言った。

「みなさん どうもありがとう。 またね」

絵文字の列は、ざらざらと、ららを送る言葉に変わっていく。

ららの接続が切れた。私も連中に別れを告げて、部屋仕舞いに戻った。


時刻は5時にちかくなり、夜明けの晩は終わってた。

部屋にはららの文字が残されていた。

「バイバイ またね」

ようやく私も潔く布団にはいることができそうだ。

 




続きを読む